短期借入を活用した資金調達

資金繰りを考える際には、
短期の借り入れについても非常に重要な観点です。

特に財務諸表や貸借対照表で企業分析をする際には、
比率を考えたりといった際の戦略に役立ちます。
では、短期ということの定義はどういったものなのでしょうか。

一般に一年間が区切りになっており、
一年を超えての借入の場合には長期負債になり、
一年未満の借入については短期負債ということになります。

それぞれの特徴としては、長期借入の方が、返済期限が先であり、
資金流出の可能性が少ない
ということもあり、安定した資金であるということが言えます。

一方で、短期負債の場合には、
一年以内には返済をしなければいけない資金であるため、
しっかりとした返済計画を持っている必要があり、
いずれはなくなるものであると推定され、
次の資金繰りを考える必要があります。

ただ、金利負担などについて考えるなら、あまり長期ではない方がいい
ということが言えます。
ただ、資金繰りの基本的な考え方ですが、
金利負担を払ってでもその資金を調達することで利益を出せるのであれば、
借りた方がいい
ということになるため、しっかりとした見通しを持っている場合であれば、
積極的に資金調達を考えることも可能となります。

Comments are closed.