ネットで消費者金融について調べてみよう

一歩一歩、まるで鎖を引きずるように、もしくははめられてある足枷のせいで小さな歩幅でしか歩けないかのように僕は慎重に前へ進んだ。

足元がおぼつかなく、膝が震えて思うように手軽に歩けない。

ドアの隙間を縫って光の筋がぼんやりと差している。

ドアの前に立つまで、酷く長い間時間を要したと思う。そしてドアを開けるまでの時間はそれ以上に長かった。
エダ。
寝ているのかい?

僕はベッドに横になっているエダを確認した。
エダは懐にアウディアを抱え込むようにしていた。

アウディアはひっそりと身を縮めて、僕はアウディアの頬に触れようとしたとき、彼女の体が呼吸に合わせて上下に動いていることを確認した。

僕は胸を撫で下ろして、その場に跪いた。

Tags: ,

Comments are closed.